辞め方と注意点

辞め方と注意点 記事一覧

法的拘束力は無い
看護師の退職は困る - 辞められて困ると言われても法的拘束力は無い

看護師が仕事を辞めようとすると、「急にやめられても困る」「次が決まるまで待ってくれ」「3ヶ月前には言ってもらわないと」と病院側から引き止められるケースもあるでしょう。円満に退職したいのであれば、病院、会社側の言うことは聞くことも必要ですが、ブラック企業であったり、人間関係があまりにも悪い、もしくは親が突然倒れて介護の必要がある、といったケースの場合、必ずしも雇用側の要求をすべて受け入れられるわけで...

続きを読む
看護師の引継ぎ
看護師の引継ぎ - 円満退社のため引継ぎマニュアルを作成した実例

「円満に辞めたい」という人の場合、引継ぎを丁寧にやることは必須です。特に責任のある立場にある看護師なら尚のこと!友人の実体験引継ぎの実例紹介私の友人の看護師は、学校を卒業してから7年間、ずっと介護の現場で事務作業をしていました。職場の人間関係は非常に円満で和気藹々としており、彼女自身もずっと続けていきたかったそうなのですが、結婚と引越しの関係で、どうしても続けることができなくなりました。半年前に分...

続きを読む
年次有給休暇
看護師の年次有給休暇 - 転職は普段使えない休暇を消化するチャンス

会社勤めをする社会人の場合、有給をすべて消化できているケースの方が少ないのではないでしょうか。繰越が多くなりすぎて、40日近い有給を抱えている看護師もいます。一部の大手企業では、「絶対に有給を消化しなければならない日数」を設定し、強制的に有給をとらせる、というケースもあります。看護師の世界でも、やはり同じことがいえます。年次有給休暇を完全に消化している看護師は皆無といっても過言ではないでしょう。私...

続きを読む
転職前後の挨拶
看護師の挨拶 - 転職前後の挨拶はどうしたら良いかのアドバイス

転職前と転職後…その両方で必要になってくるのが、「挨拶」です。同じ業界に移るなら挨拶はきちんと同業界内の転職では特に大切どんな状況でも「挨拶」というのはとても大切ですが、特に転職先が同じ業界であるなら、気をつけておきたいものです。看護師のように「女性の職場」である場合は特に顕著なのですが、同じ業界(特に狭い業界)だと、同業他社の間で、その人の「評判」というのは、思いがけない速度と精度で出回ってしま...

続きを読む
看護師は跡を濁さず
看護師は跡を濁さず - 転職心得として立つ鳥跡を濁さずが基本

「立つ鳥跡を濁さず」。これが転職をする上での理想ではあります。出来るだけ、心掛けましょう。しかし、現職であまりに不当な扱いをされていると、このような気持ちにもなりづらいはず。ここでは用例を二つ、ご紹介します。お世話になった病院だから…実際の事例紹介友人は長く民間の病院に勤めていましたが、公務員としての採用が決まりました。多少悩むことはあったけれど、大学卒業以来5年、新卒看護師で右も左もわからなかっ...

続きを読む
引き止めに合わない看護師は居ない
看護師の辞職 - 引き止めに合わない看護師は居ない

私は1人の看護師として転職した経験を数回持っています。また同時に、看護部長という立場で看護師を求人した経験、更に退職を願う看護師を引き止めた経験も持っています。それらの経験から、退職を願う、転職をする看護師の引き止めという事には精通しています。引き止められない看護師は居ない看護師の辞職への慰留転職経験をお持ちの看護師の方はご存じでしょうが、看護師不足が続く医療業界では、看護師が辞職するには一苦労す...

続きを読む
悔いが残らぬよう判断を
辞職と看護師の人生 - 悔いが残らぬよう自分で判断を

辞職を願い出る看護師に対して私は、彼女達の上司として立場上から引き止め、考え直しをお願いしましたが、いつも感じた後ろめたさ・・・その理由は、私、または病院側は彼女達の看護師としての将来性、可能性、そして生活を保障する事が不可能だからです。看護師自身の人生にとって後悔しない決断をこれは何も看護師に限った事では無いと思います。会社を辞めると言いだした社員に上司が引き止めを行う、これも当たり前の事で、会...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク