看護師の転職・再就職 - 辞め方と注意点

辞め方と注意点

看護師が転職する際、当然ですが、今勤めている病院(会社)を辞めなければなりません。引き止められたり、引継ぎの問題があったり、有給休暇の消化はどうしようか、職場での挨拶が難しいなどなど、悩みは色々と出てきます。それらの看護師ならではの退職・辞職の時の悩みの一つずつにアドバイスを紹介します。

辞め方と注意点 記事一覧

看護師の退職は困る - 辞められて困ると言われても法的拘束力は無い


法的拘束力は無い

勤めている病院を辞職する際、多くの看護師は病院側から、急に辞められても困ると言われます。民法では辞職2週間前までに届け出ることが定められていて、これを守れば辞めさせないことはできませんが、円満退社を心掛けるのがベストです。

≫続きを読む

 

看護師の引継ぎ - 円満退社のため引継ぎマニュアルを作成した実例


看護師の引継ぎ

円満な退社では引継ぎを丁寧にやることは必須です。知人で、介護の現場で事務作業をしていた看護師の引継ぎマニュアルの実例をご紹介します。口で説明するより大変だったマニュアルは非常に出来の良いもので、今でも受け継がれています。

≫続きを読む

 

看護師の年次有給休暇 - 転職は普段使えない休暇を消化するチャンス


年次有給休暇

年次有給休暇を完全に消化している看護師は皆無といっても過言ではないでしょう。しかし有給休暇は法律で守られた労働者の権利です。看護師が年次有給休暇を使えるチャンスは転職・辞職するときです。しっかり行使しましょう。

≫続きを読む

 

看護師の挨拶 - 転職前後の挨拶はどうしたら良いかのアドバイス


転職前後の挨拶

転職前と転職後の両方で必要になるのが挨拶です。看護師のように女性の職場である場合は特に、人の評判が思いがけない速度と精度で出回ってしまいます。辞める際、転職後もきちんと挨拶をし、転職状を出しておくのが望ましいでしょう。

≫続きを読む

 

看護師は跡を濁さず - 転職心得として立つ鳥跡を濁さずが基本


看護師は跡を濁さず

転職、辞職の際の心得として、立つ鳥跡を濁さずという姿勢は基本で理想です。出来るだけ心掛けましょう。民間の病院から公務員の看護師に転職した友人の具体例をご紹介します。転職した今でも元の職場の人と食事に行く看護師の例です。

≫続きを読む

 

看護師の辞職 - 引き止めに合わない看護師は居ない


引き止めに合わない看護師は居ない

辞職を願い出た看護師で引き止められない人は居ません。どんな看護師でも、辞職を思い止まる、考え直すように言われる、辞職の先延ばしを懇願されます。しかし組織は歯車が欠けてもすぐに再生する、居なければ居ないで何とかなるものです。

≫続きを読む

 

辞職と看護師の人生 - 悔いが残らぬよう自分で判断を


悔いが残らぬよう判断を

私は辞職を願い出る看護師に対し上司として立場上から引き止めをお願いしましたが常に同じ看護師として後ろめたさを感じていました。その理由は、私は彼女達の看護師としての将来性、可能性、そして生活を保障する事が出来ないからです。

≫続きを読む

 

お勧めの転職・再就職支援サービス


 看護プロ

看護プロ

看護プロは、50代でも定年退職前後の看護師にも質の高い丁寧なサポートで、友人に紹介したいという方が97.6%を誇る転職支援です。昼間だけしか働けない、土日休みが絶対の看護師の方もOKです。



 看護roo!

看護roo!

看護roo!は、利用者の96%以上が満足と回答する、求人数が最大規模の転職支援です。サービス30年以上の歴史を持ち、1年に2万人以上が利用する、看護師に最も選ばれている転職サービスです。



 MCナースネット

MCナースネット

MCナースネットは、友人紹介実績が第一位で利用者満足度95%を誇る転職支援です。転職や派遣にも対応、また病院以外の健診・ツアーナース・企業/学校・Wワークなどの仕事紹介も行っています。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
人気の看護師転職サイト 一般企業への転職・再就職 ツアーイベントナース・保育士

転職ネット powered by TrendLead