看護師に定年退職の年齢設定はあるのか?

病院の宝である定年の無い老練な看護師のメリットとデメリット

看護師は、長く続けられる職業。その認識は間違っていません。

 

ではここで一つ問題を出します。看護師に定年退職はあるのでしょうか?

 

 

定められた「定年」はない

看護師の定年

看護師の定年

必ずしも定年退職しなければいけない会社ばかりではないと思いますが、一般的に、定年は60歳(65歳)と定められています。

 

これは「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」によるものです。

 

看護師の場合も、病院などによって「60歳が定年」としているところはあります。

 

しかしながら、看護師には明確に定められた「定年退職」はありません

 

病院によっては定年制度そのものを設けていないところもありますし、嘱託で残る人もいます。

 

テレビなどでも、90歳を越えても現役のお医者さんなどが紹介されますよね。

 

メリットとデメリット

看護師の経験が長ければ知識もあるし、さまざまな症例を見てきています。

 

また、「年上だから頼りになる」と感じる患者もいるでしょう。

 

足腰がしっかりしており、技術にも衰えがなく、頭も切れる老練の看護師は病院の宝です。

 

知り合い看護師でも、60代後半で現役、夜勤もこなす、という人がいます。

 

しかし時折、「本人は健康のために働いている、と言っているけれど、手つきも怪しくなっているし、怒りっぽくなっているからちょっと…」という意見も耳にします。

 

看護師としてプロとして働く以上これは言語道断ですし、そのような場合は退職を勧める、という病院側の姿勢が求められます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク