転職での職場環境の変化は看護師だけでなく誰でも怖いもの

現在の状況を出来るかぎり客観的に書き出し平均と比べる

「転職をしたい!」と思っても、「怖いな」とか「大丈夫かな」とか「不安だな」と思ったりするもの。

 

そういう時、つい「自分は臆病なのではないだろうか?」と悩んだりするものです。

 

でも、看護師に限らず、転職を考える人の多くが、本当は悩んでいるんです。

 

ここからは、「転職をためらう理由」を考えていきます。

 

 

「今よりもっと悪くなったらどうしよう」

環境が変わることへの恐れ

環境が変わる
ことへの恐れ

人間関係で悩んでいる人にありがちなのが、「もっと環境が悪くなったらどうしよう」「もっと酷くなったらどうしよう」と悩むものです。

 

居心地は良くないけれど、給料や休日も少なめだけれど、環境や職業をかえて今よりもっと悪くなったら取り返しがつかない

 

また一から仕事を覚えるのも、大変。

 

看護師の場合も、もっと環境・条件の良い病院やクリニックに転職したいという動機が、いつも転職理由のトップとなっていますが、これが転職で却って悪化することに恐れを感じるのは当然でしょう。

 

このように、「環境変化が怖い」という感情は、往々にして転職への道を閉ざしてしまいます。

 

客観的に考える

実際、転職によって給料が下がる傾向にあるというのは、こちらの「 年収 - 看護師の転職理由で常に上位の給料アップのための転職 」で、触れたとおりです。

 

しかし同時に、上から押さえつけられたりすることで、一種の洗脳状態にある危険性もあります。

 

看護師の場合、特に閉ざされた病院内しか働く現場を知らない人がほとんどですから、この危険性が顕著です。

 

そのため、まずは紙に現在の状況を出来るかぎり客観的に書き出していきましょう

 

そしてそれを「平均」と比べていくのです。

 

数値化していく作業は、自分の今の状況を見極めることに役立ちます。

 

そしてその「数値化された自分の状況」と精神的なものや将来性を天秤にかけて、「転職するか否か」を考えていくのです。

 

こうすることによって、「新しい仕事は条件がよくなる」「こうやって比べた結果として転職を選ぶのだから失敗はしない」と自信を持てるはずです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク