看護師の貴女がイニシアティブを取り担当者と転職活動を

優秀な看護師転職サイト担当者を見つけるコツは第一印象で決める事

看護師の転職や再就職を適切にサポートする担当者を選ぶコツをお伝えします。

 

これは私が看護師として転職サイトを利用した経験と、こちらの「 求人を出す立場だった看護師長兼看護部長の私のアドバイス 」にありますように、病院側で求人を出す側の経験の、両方の立場からのアドバイスとなります。

 

 

第一印象で決める

転職サイトに登録しますと、登録したサイトから先ず自動でメールが配信され、その後メール、または電話でコンタクトがあります。

 

その最初のコンタクトでの第一印象で決めて良いと私は考えています。

イニシアティブを取る

イニシアティブを取る

  1. 言葉使いが適切か
  2. 医療業界に精通しているか
  3. それなりのキャリアを持っているか
  4. いきなり具体的な病院を紹介するか
  5. こちらの都合や予定を重視しているか

それらは最初のコンタクトで分かります。

 

ココで、不適切と考えたならば、すぐに次の違う転職サイトに切替えても良いと思います。

 

むしろ時間を無駄にしない、また不愉快な思いにならない為にも、早めに判断するのがコツです。

 

貴女に不適切と感じさせた担当者です、他の関係者にも同じ印象を持たれている可能性が非常に高いといえます。

 

貴女がイニシアティブを取る

実際に私は、そのような常識が無い、新人で、無礼ともいえる転職サイトの担当者も見ています。

 

第一印象は良かったが、その後の対応に不満を感じた場合も、その不満を相手に告げて、改善されないならば、すぐに切りましょう。

 

大事な転職や再就職活動を任せる、またその担当者に貴重な時間を割く価値はありません。

 

繰り返しますが主人公は、転職をする貴方自身です。

 

自分がイニシアティブを取り自分主体で活動を進めるようにしましょう。

 

転職サイトの担当者に、「アレを調べて下さい」、「ココをあたって下さい」と指示を出すくらいの姿勢で臨みましょう。

 

こちらの「 看護師の転職では業者やサイトではなく担当者を選ぶ事が重要 」でお伝えしたように、転職で大切なのは優秀な担当者です。

 

次ページでご紹介する代表的な看護師用転職サイトも、それぞれ様々な評価がされています。

 

実際にコンタクトして、自分に合わない、能力が低い、適切では無いと思ったら、すぐに次を探すべきです。

 

自分の条件、希望、環境、その他に最もマッチする適切な担当者を自ら見つけ、選ぶようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク