転職したい地域の看護師求人情報を提供する転職サイトを選ぶ

転職する地域の看護師求人情報を多く扱う支援サービスを選ぶ

看護師の転職支援サービスサイトは、非常に多いです。

 

これは一重に、看護師をほしがっている企業(病院)が多いからに他なりません。

 

たとえば「事務 求職」として探したときと、「看護師 求職」で探したときでは、出てくるサイトの数は大きく違います。

 

こちらの「 看護師の転職では業者やサイトではなく担当者を選ぶ事が重要 」で転職サイト選びよりも、担当者選びが重要であることをお伝えしましたが、優秀な人材は優良な企業に存在します。

 

だからこそ、「転職支援サイト選び」も、こだわりたいものです。

 

 

まずは地域をチェック

通える範囲と給料

通える範囲と給料

もっとも基本となるのは、「地域」です。

 

多くの看護師転職支援サイトでは全国規模で仕事を掲載していますが、中には「地方のものは掲載していない」、もしくは「掲載していても数が著しく少ない」という転職サービスサイトもあります。

 

裏を返せば、「その転職支援サイトで扱っている地域の求職情報は件数が多く頼り甲斐がある」ということになります。

 

しかし、「対応していない地域」の人の場合、そのサイトの有用性はぐっと落ちます。

 

もちろん、「良い条件ならどこへでも行く」という看護師にとっては別ですが。

 

「どこまで行けるか」を考える目安に

しかし自分の住んでいる県の情報が少なかったからといって、そのサイトがまったく役に立たない、というわけではありません。

 

引き抜き以外の役付き看護師の転職・再就職は給料に注意を 」で触れましたが、看護師の給料は県によって100万円以上違います。

 

そのため、他の地域を集めている転職支援サービスサイトを巡回している最中に、自分がいる県の看護師の給料が著しく低い場合は、「多少足を伸ばしても給料がアップするところに勤めたほうが良いかもしれない」という選択肢が浮かんでくることもあります。

 

いずれにしても、転職情報をなるべく多く仕入れておくことはとても大切です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク