看護師に無料サービスを展開する転職サイトの収益

求人情報掲載料と仲介料で生じる転職の責任は転職看護師にプラス要素

看護師転職サイトのフォローやサポートがとても良く、求人情報が次々と舞い込み、利用者にとって非常に有益であるにも関わらず、利用者側には一円も負担がない。

 

こんな状況であると、逆に、「じゃあどうやって利益をあげているんだろう…?」とちょっと不安に思ってしまう人も、昔の私のように居るでしょう。

 

こちらの「 求人を出す立場だった看護師長兼看護部長の私のアドバイス 」でお伝えしていますが、私も病院側の求人担当として看護師などのコメデカルスタッフを募集する仕事に就くまで知りませんでした。

 

 

看護師転職サイト・利益の上げ方その1

求人情報掲載料と仲介料

求人情報
掲載料と仲介料

看護師転職サイトの利益の上げ方には、大きく分けて二つの方法があります。

 

そのうちの一つが、「求人情報掲載料金」。

 

求人する側は、その看護師転職支援サイトに求人情報を載せるために、一定の金額を支払っている、ということです。

 

スペース代とでもいいましょうか。

 

「ハローワークやナースセンターは資本力のない病院でも求人情報が載せられる」というのは、まさにこの違いです。

 

ハローワークや看護協会のナースセンターは、利用者側も求人側も無料だからです。

 

看護師転職サイト・利益の上げ方その2

しかしこの「求人情報掲載料金」は、とっていないサイトもあります。

 

ではどうするか。

 

このような場合、そのサイトに載っている病院に新しい看護師が就職すると、仲介料が看護師転職サイトに入るのです。

 

また、よい看護師転職サイトには多くの人が集まります。

 

そのため、そこにアフィリエイトなどを繋ぐことによって利益を上げているところもあります。

 

いずれにせよ、看護師転職支援サイトは決してボランティアではありません。

 

ただ、金銭が介在し、ビジネスとして成り立っていることにより、看護師転職支援サイトに転職の責任が生じているということは転職する看護師にはプラス要素となっています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク