看護師の転職・再就職 - 勤務体系

看護師の勤務体系の違い

新卒の場合、ほとんどの看護師が常勤で病院に就職します。しかしライフスタイルによって、看護師の働き方も変わっていくものです。いつか、常勤として働くことが難しくなってくるかも知れません。転職支援サービスサイトで、よくある表記を解説しますので、求人情報を見るときの参考にして下さい。

看護師の勤務体系の違い 記事一覧

常勤で働くメリットとデメリットと看護師のキャリア・アップ


常勤とキャリア・アップ

看護師の常勤という雇用形態は正職と同じ意味で、正社員と同じ扱いであるということです。看護師としてのキャリアアップや経験が積めるので、転職にも格段に有利になります。その反面、責任も重く仕事の内容も厳しいモノとなります。

≫続きを読む

 

看護師が避けて通れない夜勤は宿命か?夜勤無しの職場は無い?


夜勤無しの職場

常勤=夜勤ありというのは思い込みで、夜勤なしでも常勤で勤め上げることは可能です。ですが夜勤を避ける勤務形態には、金銭的なプラスがないというデメリットもあります。それが同じ常勤看護師でも、年収の差を生み出す要因となります。

≫続きを読む

 

パートでも高月給!自分の時間を大切にするパート看護師


パートでも高月給

パート看護師のメリットには、自分の都合で1日何時間、週何日働くかを決められる、扶養控除内で働ける、社会保険に入ることが可能があります。デメリットは、やるべきことが常勤と一緒、責任の重さが変わらないというものがあります。

≫続きを読む

 

派遣は法律違反?!代替要員と紹介予定派遣の看護師


代替要員と紹介予定派遣の看護師

看護師や医師などは、派遣業務として働くことが許されていません。ですが、病院の一定期間の欠員の穴を埋めるために雇われる代替要員制度と、常勤採用が条件の紹介予定派遣という制度で、看護師の派遣という勤務形態は守られています。

≫続きを読む

 

アルバイトとパートの違いはあるのか?看護師の働き方は?


アルバイトとパートの違い

看護師の勤務形態で、アルバイトとパートには明確な区別はありません。パートは働く時間が短い、アルバイトは働く期間が短い、という意味で使われることがあります。どちらも働く時間が定められた時間を超えれば各種保険が付きます。

≫続きを読む

 

ダブルワークでもっと稼ぎたい!看護師のダブルワークのやり方


看護師のダブルワーク

看護師で、もっと稼ぎたいとダブルワークを望む人は、残業のない職場で、あまりハードではない仕事を選び、できる限り時給が良い病院を選びましょう。転職・再就職活動では、初めからダブルワークを認めている病院を探す方が賢明です。

≫続きを読む

 

転職時の看護師の夜勤対応は気持ちと年収だけで判断しない


夜勤対応と年収

看護師にとって重要な夜勤という勤務は、夜間の医療現場に対する責任ある業務であり、同時に看護師の年収に関わる勤務です。結婚、出産というイベント後のライフスタイル、加齢などの大切な要素の面から、慎重に夜勤対応を考えるべきです。

≫続きを読む

 

お勧めの転職・再就職支援サービス


 看護プロ

看護プロ

看護プロは、50代でも定年退職前後の看護師にも質の高い丁寧なサポートで、友人に紹介したいという方が97.6%を誇る転職支援です。昼間だけしか働けない、土日休みが絶対の看護師の方もOKです。



 看護roo!

看護roo!

看護roo!は、利用者の96%以上が満足と回答する、求人数が最大規模の転職支援です。サービス30年以上の歴史を持ち、1年に2万人以上が利用する、看護師に最も選ばれている転職サービスです。



 MCナースネット

MCナースネット

MCナースネットは、友人紹介実績が第一位で利用者満足度95%を誇る転職支援です。転職や派遣にも対応、また病院以外の健診・ツアーナース・企業/学校・Wワークなどの仕事紹介も行っています。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
人気の看護師転職サイト 一般企業への転職・再就職 ツアーイベントナース・保育士

転職ネット powered by TrendLead