病院の看護師・医師・コメディカルスタッフの対応を広く情報収集

転職の際の情報収集は多角的にとらえ素敵な職場を自分の中でストック

私の転職経験から、先ず最初のアドバイスとしてお伝えしたいのは、転職先の病院の情報は多角的にとらえるべき、ということです。

 

これは出来ることであれば看護師として、ご自分の目で耳で確かめながら情報収集を行うように心がけて下さい。

 

 

いつも求人をしている病院は…

素敵な病院をストック

素敵な病院をストック

看護師転職サイトの求人、看護師募集の広告を見ていると、共通するいくつかの問題が見えてきます。

 

年中、看護師募集中であったり、2か月に1度の割合いなどで求人が掲載される病院や医院…

 

看護師求人広告掲載があまりにも頻繁なら、その病院、医院には何かある、あるからこそ看護師が続かないと言うことが推測されます。

 

私は元来、体が健康ではなく持病の副腎機能低下症があり、ふとした瞬間に副腎不全を起こして救急車で運ばれることも多いのですが、多い分だけ多くの医療機関に救急とは言え、看護師でありながらもお世話になっています。

 

その時に、看護師や医師、コメディカルスタッフの対応などを、かなり参考にさせて戴いております…

 

素敵な職場を常に自分の中でストック

常に看護師としてアンテナを張り巡らせて、いつ何時も噂一つから自分で直接確認します。

 

この記事を読まれる看護師のあなたならお分かりと思いますが、病院にかかる理由がなくても、誰かのお見舞いに行く時とか、やはりそこは医療従事者として、失礼ながら色々と病院内をハード、ソフトの両面でチェックしてしまうものですよね…

 

看護師であれば、中途採用で簡単に転職は叶うものです。

 

だからこそ、転職の際に事前準備として日々から多角的に情報を収集しておきましょう、と先ず最初にアドバイスさせて頂きます。

 

自分の目で実際に見て、こんなところで働きたなあと思う病院を、在職中から常に2つ3つ、自分自身の中にストックしておくことをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク