看護師の私が転職の際に考えて決めた条件とその理由

プライベートを犠牲にしない事と病院のランクを下げて転職先を探す事

私達看護師には、食いっぱぐれることがない、「看護師免許」があります。

 

私が転職した時、ちょうど私は3年目の看護師でした。

 

看護師で3年目と言えば、やっと自分のペースで仕事ができるようになり、そして新人看護師の指導を課せられる時期です。

 

何かとプライベートを犠牲にしなくてはならない環境の病院勤務にうんざりし、またプライベートでのこともあり、退職することを決めました。

 

 

私が決めた転職の際の条件

私の転職条件

私の転職条件

転職を決めて最初に考えたことは、自分のプライベートを決して犠牲にしないことを大前提とすることでした。

 

次に考えたのは、転職先の条件としランクを下げて病院選びをすることです。

 

私の転職は、看護師としてのキャリアアップが目的ではなく、あくまでもプライベートを犠牲にしないと言う芯の部分だけ、絶対にブレないように考えました。

 

では何故、病院のランクを下げて転職先を探したのか…?

 

お分かりになりますか?

 

業務の難易度を下げて心のゆとりを取り戻す

私の場合、そのネームバリューは、もう新人の頃から「○○県立病院オペ室勤務」と言うものを背負っていました。

 

転職先として決めた次の病院でも、

 

「オペ室勤務の心強い人に来てもらえる!」

 

と、看護部長や事務長など面接をしてくれた人に重宝されていたほどです。

 

そしていざ勤務が始まったら、業務さえ覚えたらある意味、病院内では強力な助っ人が来たと大きな顔をしていられるので、自分自身の看護師としての情緒の安定が得られるのです。

 

「大きな顔をして」と書きましたが、それは威張るとか偉そうにする、いう意味では決してなくて、仕事をする上で業務の難易度が下がった分、看護師本来の心のゆとりが生まれるという意味です。

 

これは今だから言えることですが、こちらのカテゴリー「 定年看護師の求人と転職・再就職・再雇用 」でもお伝えしていますが、定年退職された看護師の方、また高齢で自分の看護師としての技量に衰えや自信を失いかけている方にも考えて頂きたいことです。

 

難易度の高い業務に没頭している状況の看護師と比べて、心のゆとりが出来る分、それを患者様へ笑顔で対応し、きっちり白衣の天使で対応することができるのです。

 

私は、この心のゆとりが看護師には非常に重要であると考えています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク