キャリアを持つ看護師であることを背負っての転職と評価

病院の難易度を下げ業務は体力で選び転職先でも高く評価されるように

看護師の場合、新人時代に配属される病棟、部署は、本人の希望通りに行くとは限りません。

 

また仮に希望がかなったとしても、実際の仕事では何か違うと思うことも多々あるものです。

 

 

キャリアを持つ看護師であることを背負っての転職

キャリアを持つ看護師

キャリアを持つ看護師

どうしても最初に勤務した場所が、いかなる場合、場面でも基礎となるわけですから、それはそれで看護師にとっては非常に大事なことです。

 

先のページの「 看護師の私が転職の際に考えて決めた条件とその理由について 」で私が言う「大きな顔」は、横柄や傲慢な態度、前職場を鼻にかけるというのではありません。

 

しかし、配属された病棟、部署で学んだ出身者、つまりキャリアを持つ看護師であることを背負っての転職だという気持ちを持つことは、非常に重要なことです。

 

転職先でも高評価される自分でいたい

ある看護師長が私に、こう言ったことがあります。

 

「あなたはね、新人でオペ室配属だから、3年と区切りをつけて、3年経ったら希望を出して病棟に行きなさい。オペ室に長くいると、患者さんの前に出てケアするのが怖くなるの。それを忘れないで下さいね!」

 

確かに、他科に比べてオペ室の看護師を育成するのは非常に時間がかかります。

 

そして次のオペ室勤務の後釜が簡単に得られない、そしたらオペ室は混乱をきたす…

 

ただ本当にオペ室は院内でもぐら状態で、外の天気が変わったことも季節感も麻痺するくらい、年中、術衣を来て中にもぐりこんで勤務をしていますので、看護師長の助言はあながち、間違いではないと感じます。

 

要は、病院の難易度を下げて業務は加齢と共に見合った体力で選ぶことを私は転職の際に重要なポイントとして設定しました。

 

そして前職場で学んだ姿勢をたたき台とし、「さすが、○○県立病院の看護師さんは違うなあ~!」と評価される自分自身になりたい、そう考えて転職に臨みました。

 

転職を検討する際には、色々と希望や条件を考えると思いますが、私の考えた条件も是非参考にして下さい。

 

もしも加齢で看護師業務以外での職場を検討される際は、こちらのカテゴリー「 定年退職後の看護師の就職先と年金 」も参考にしてみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク