転職サイトの利用と私の経験例

転職サイトの利用と私の経験例 記事一覧

求人件数の多さと豊富さ
私が看護師転職支援サイトを利用し知った求人件数の多さと豊富さ

ご案内のように、当サイト管理人の私は看護師専用の転職サイトを利用し転職に成功しています。転職前まで転職サイト自体を知らなかった私ですが、サービスサイトを利用して知ったことが2つあります。求人件数の多さと豊富さ件数の多さと豊富さ先ず1つ目。新聞の折り込み求人広告や、ハローワークや看護協会のナースセンターにはないような就職先、求人情報をたくさん転職支援サイトが持っているという事、これを私は知りませんで...

続きを読む
紹介派遣システムを活用
紹介派遣システムを活用し好条件の職場に看護師として転職する

私が看護師専用の転職サイトを利用して初めて知ったことの2つ目、それは派遣という働き方でした。紹介派遣と派遣の2種類紹介派遣と派遣転職支援サービスサイトは、メインの業務は転職ですが、それ以外にも派遣の紹介も行います。さらに私が知らなかったこととして、この派遣にも、「紹介派遣」と「派遣」の2種類があることです。どちらも派遣には違いないのですが、派遣会社に登録をすると、こちらの色々な条件や希望を伝えるだ...

続きを読む
求人を出す看護師長兼看護部長
求人を出す立場だった看護師長兼看護部長の私のアドバイス

看護師専用の転職サイトに関して、今度は私が求人を出す側の立場で利用した際の経験談、そして私の経験から言えるアドバイスをします。まず最初にこれを読まれる看護師の方に言いたいのは、勤める病院、医院が自分に合わないなと感じたらすぐ辞めること、転職することをお勧めします。合わないなあと感じたらすぐ辞めることすぐ辞めるやや物騒な言い方ですが、これは「相手に対する思いやり」であると受け止めて下さい。この場合の...

続きを読む
病院が最も恐れるイメージダウン
病院が最も恐れるイメージダウンと看護師求人に必要な追加費用

このテーマの冒頭の「 他院の看護師・医師・コメディカルスタッフの対応を広く情報収集 」でお伝えしましたように、ベテランの看護師は常に情報収集をしています。また地域の住民も、医療に関しては非常に高い関心を持っていて、常にアンテナをはってる看護師や地域住民が、「あの病院は、看護師が長く続かない…何かあるのでは…」というイメージを持たれる事は、その病院にとって非常に大きな痛手となります。病院の情報に敏感...

続きを読む
情報収集と現場見学
情報収集と現場見学で上手で満足出来る看護師転職を目指す

私が病院で求人を出す側として看護師の求人を担当していたとき、転職や再就職して来た看護師の方が勤務初日で、「ここの病院では、やって行く自信が有りません。」と素直に言える雰囲気を保つ努力をしていました。もともと、こちら「 看護師個人で把握出来ない転職先状況はプロに依頼し情報入手 」に書いたように、そういう雰囲気である職場という情報を入手し、私自身の転職先として選んだ職場でした。1・2週間過ぎて告げられ...

続きを読む
ブランクのある看護師
ブランクのある看護師でも考えているより早く職場復帰が出来る

ご紹介のように私は、看護師転職サイトを通じて、転職、また復職を果たし看護師として働くことができるようになりました。一旦仕事を辞めてしまうと再び職場復帰するのは難しいのでは…コネでも無ければ難しい職場復帰は出来ないかもしれない…ブランクを持つ看護師の中には、そんなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、私の経験から、それほど難しい事もありません。ブランクを持つ看護師の需要ブランクはさほど影響しない現...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク