求人を出す立場だった看護師長兼看護部長の私のアドバイス

合わないと感じたらすぐ辞めることを看護師にお勧めする理由

看護師専用の転職サイトに関して、今度は私が求人を出す側の立場で利用した際の経験談、そして私の経験から言えるアドバイスをします。

 

まず最初にこれを読まれる看護師の方に言いたいのは、勤める病院、医院が自分に合わないなと感じたらすぐ辞めること、転職することをお勧めします。

 

 

合わないなあと感じたらすぐ辞めること

すぐ辞める

すぐ辞める

やや物騒な言い方ですが、これは「相手に対する思いやり」であると受け止めて下さい。

 

この場合の「相手」とは、今勤務している職場のことです。

 

私が看護師長 兼 看護部長を兼務していた当時、看護師の不足に悩まされ、求人広告を出していました。

 

大抵は病院と既に取引きがある、お付き合いしている転職支援サイト会社の求人営業の担当さんに依頼します。

 

転職支援サイト会社の求人営業さんからは、定期的に電話がかかってきます。

 

「今どうですか?

 

求人は如何しましょうか?

 

今号は特集を組んでいますが、通常の金額で2週間掲載ですよ!」

 

このような、お得なキャンペーンを利用して、看護師を含むコメデカル求人広告を出していました。

 

求人の費用とイメージダウン

つまり病院にとって看護師の求人は、非生産的な仕事ではあっても、病院運営には欠かせない非常に重要な仕事であり、なおかつお金のかかることでもあるのです。

 

病院側にとっては、何万円もの金額を出して求人を掲載するわけですが、この時に求人をする病院が最も恐れるのはイメージダウンです。

 

その地域で、その病院の評価が下がること、これを最も病院側は恐れるのです。

 

病院のイメージダウンにも色々とありますが、その中で私達看護師に密接に関係するのが、離職率です。

 

看護師が長続きしないと言うことは、「あの病院は何かあるんだ…」というイメージダウンとなるのです。

 

この病院が恐れるイメージダウンについて、次ページで詳しくご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク