転職サイトで希望の転職をした看護師

転職サイトで希望の転職をした看護師 記事一覧

憧れの看護師
小児科病棟で子供時代を過ごし憧れの看護師に ①

看護師として働きだして5年目のSさん。最初の勤務先である急性期病棟での激務で体調を崩して退職。その後、クリニックに転職し、今は夢だった小児科の看護師として活躍しています。小児科病棟で過ごした子供時代小児科病棟の子供時代そもそも子供のころから体が弱く、中学校に入るくらいまでは入退院をくりかえす子供時代だったというSさん。学校の次に思い出のある場所が病院の小児科病棟、というくらい病院のお世話になりなが...

続きを読む
急性期病棟での激務
総合病院の急性期病棟での看護師の激務 ②

卒業後にはじめて勤務したのは、病床数300床を数える大きな総合病院でした。配属されたのは急性期の病棟。常に満床状態で、その病院の中でも特に忙しい病棟として有名でした。急性期病棟時代の激務 鳴り止まないナースコール急性期病棟の激務Sさんの最終的な目標は小児科勤務でしたが、まずは配属された病棟で看護師としてのスキルを磨くためにがんばってみようと、決意をもって看護師としての業務をスタートしました。実際に...

続きを読む
小児科クリニックに転職
夢だった小児科クリニックに出戻り看護師として転職 ③

不規則な生活の積み重ねと、まとまった休暇も取れない日々が続いた結果、Sさんの体重は看護学生時代とくらべて8キロも減少し、生理もとまってしまいました。体調崩し退職 自分をみつめて再び看護師へ出戻り看護師として転職まじめな性格であったSさん。どんなに忙しくても「なんとか3年間はがんばろう」との思いで続けてきました。また総合病院ならではのメリットとして多くの診療科があるため、いくつかの診療科を経験したの...

続きを読む
寝たきりの祖母の介護
寝たきりの祖母の介護で無力さを感じ看護師に ①

Tさんが看護師になろうと思ったきっかけは、大好きだった祖母の介護を通じてです。両親とも公務員の共働きであったTさんは、いっしょにくらす祖母に育てられたおばあちゃん子でした。育ててくれた祖母の在宅介護がはじまる介護で無力感をおばあちゃんの作ってくれる、ごはんやお菓子は市販のもののようにきれいではなかったけれど、素朴な味がしてとてもおいしく、Tさんは毎日楽しみに学校から帰ってきました。そんな祖母にも次...

続きを読む
総合病院の緩和ケア病棟
総合病院の緩和ケア病棟で看護師の経験を積み訪問看護へ ②

こうした経験から、将来は絶対に看護師か介護士を目指す決意をしたTさん。最終的に、介護士にはできない医療行為を行えるという業務の幅広さから、看護師になることを決めました。公立看護学校に合格 墓前に報告果たす緩和ケア病棟で経験を看護学校の受験のため、高校時代はがんばって勉強し、第一希望であった公立の看護学校への合格を果たしました。残念ながら、そのときにはもうすでに祖母は他界していたのですが、墓前にうれ...

続きを読む
医療機関提携の訪問看護ステーション
医療機関提携の訪問看護ステーションへ看護師として転職 ③

転職先選びには非常に慎重になったというTさん。いずれは訪問看護師になると決めていたため、病院勤務時代も情報収集に余念がなく、訪問看護をする友人などから積極的に話を聞いていたためです。慎重に選んだ転職先自宅療養を支える看護師2011年現在で全国に約5700もある訪問看護ステーションは、働き方や待遇、労働条件なども様々。固定報酬のところもあれば歩合制のところもあり、1日に受け持つ件数や患者の状態がどの...

続きを読む
学費免除となる学校に入学
卒後の勤務を条件に学費免除となる学校に入学し看護師に ①

Yさんが看護師を目指したのは、女性でも手に職をもって、可能な限り結婚や妊娠、出産後も働くべきという母の教えに共感したためです。母の背を見て看護師を志す奨学金の看護学校へYさんの母は、離婚後に女手一つで子育てをしてきた苦労人でした。昼と夜とでパートをかけもちして、非常に大変な思いをしてYさんを育ててくれたといいます。そんな母の背中を見てきたYさんは、女性でも自立できる経済力を身につけるために、手に職...

続きを読む
派閥やいじめ体質の病院
派閥やいじめ体質の病院から看護師の将来のための転職を考える ②

そんなYさんに対して先輩看護師の叱責はとても厳しく、ナースステーション中に響き渡るような大声でどなりつけられることもしばしば。Yさんは誰もいないところで何度、涙を流したかわかりません。機能していないプリセプター制度派閥といじめ体質の病院プリセプター制度もあったのですが、担当のプリセプターはなぜかほとんどYさんの指導、研修にはあたってくれず、放置状態。信頼できる先輩、同僚もいない中で、つらい毎日を強...

続きを読む
感染管理の認定看護師
感染管理の認定看護師を目指し病院を自分の目で確かめ転職 ③

そこで奨学金のしばりであった3年間が終了した時点で、すぐに転職サイトに登録し、次なる職場探しを開始しました。感染管理の認定看護師を目指す認定看護師を目指す辞めると決めたからには、時間を無駄にしたくはありませんでした。しかし病院側の慰留は激しく、上司との面談を何度も行って、やっと退職することができたのは辞意を伝えてから3か月以上たった頃でした。Yさんは、次の職場は自分のキャリアアップにつながる職場を...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク