治験特化の転職サイト紹介で治験施設支援機関へ看護師として転職 ③

治験業務に特化した転職サイトに登録しSMOに看護師として転職

残念なことにWさんの病院では治験に積極的ではなく、院内でそのまま看護師として残って治験業務を行うことは困難でした。

 

 

看護師と異なり少ない転職情報 

治験コーディネーターに

治験コーディネーターに

悩んだ結果、Wさんは転職を決意します。

 

8年間お世話になった上司や同僚には理由を正直に話し、十分な引継ぎ期間も取ったうえで退職することとなりました。

 

困ったのは転職先探しです。

 

周囲で治験コーディネーターとして働く人がいなかったため、どのような施設に応募すればいいかわかりませんでした。

 

また、いつでも多くの求人がある看護師と違い、治験業務に関する求人はあまり目にしません。

 

治験業務に特化した転職サイトに登録

そこで、いきなり病院の治験コーディネーターを目指すのではなく、SMOという治験施設支援機関へ転職をすることに決めました。

 

SMOへの就職には、治験業務に特化した転職サイトを選びました。

 

転職サイトに登録してよかったことは、治験業務については本で勉強しただけのWさんに、実際の業務について具体的なことを教えてくれたことです。

 

看護師としてはベテランでも治験業務については新人であるWさんにとって、転職サイトのエージェントは強い味方になってくれました。

 

十分な打ち合わせと面接を経て、見事希望の転職を果たしたWさん。

 

実際の治験コーディネーターとしての業務については、「看護師としてのスキルを全く違った面で生かすことができた」と満足気に話します。

 

必ずしも医療系の資格を必要としない治験コーディネーターの中にあって、看護師としての現場経験を積んでいるWさんは、他のコーディネーターとは違った観点から患者さんをみることができ、今では病院からも患者からも厚い信頼を得て働いています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク