大学病院は働きながら勉強できる専門分野を極めたい看護師に

大学病院に勤務する看護師のメリットとデメリット

大学病院と総合病院の違いは患者側からは、あまり分かりません。

 

重い病気ならいざ知らず、軽い風邪などで受診する場合には、「ここは大学病院だろうか総合病院だろうか?」などと考えず、最寄の病院にいく患者の方が圧倒的に多いからです。

 

しかしそれが看護師側、特に転職を考えている人の場合だと、大きく将来に影響します。

 

このページの目次

 

専門性の追求へ

大学病院と総合病院の違い

大学病院と
総合病院の違い

大学病院のもっとも大きな特徴は、「病院自体が研究所・学術機関としての性格を持つ」ということです。

 

設備が充実しており、総合病院にはない最先端の医療機器が導入されており、しかも総合病院では対応できない、として回ってくる難病患者とも接します。

 

また、非常に専門性の高い看護、一つの分野に特化した看護師になることが可能です。

 

加えて年数を重ねていけば、看護師の管理能力なども身に着けていくことができるでしょう。

 

こう考えると、大学病院での勤務というのは、「看護師として働くこと」と「学生として学ぶこと」の2つが両立できる、と言えます。

 

デメリット

大学病院は「一つの専門性に特化した」看護師を作り上げることに長けているため、逆に、「いろんな症例、いろんな技術を学びたい」という人にはあまり向きません。

 

専門性が高いが故に、「ごく一般的な」病気に接する機会が少なくなってしまうからです。

 

「大学を卒業したけれど、まだまだ看護師として学び足りない」

 

「私は外科の分野のスペシャリストになりたい」

 

「新しい医療に接することで看護師としての視野を広めたい」という人にはぴったりの勤務先です。

 

大学病院の看護師求人も多く、各病院のキャリアパスやプリセプターシップの教育制度の内容、年収などの情報を知る為にも、こちらの「 高評価で人気の看護師転職サイト 」から登録されることをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク