公務員という立場の看護師とは?勤務する病院で公務員に

公立病院に勤務すれば公務員となる看護師のメリットとデメリット

「看護師は公務員?」そんな素朴な疑問を、まだ子供の頃、看護師長であった母にぶつけたことがあります。

 

そのときの母の回答は、残念ながら覚えていません。

 

もしもあなたが誰かにそう尋ねられたら、どう答えるでしょうか?

 

 

公務員?公務員じゃない?

公立病院の看護師は公務員

公立病院の
看護師は公務員

この質問への正しい答えとしては、「公務員の看護師もいるけれど、そうじゃない看護師もいる」というものになるでしょう。

 

もっと正確に言うと、「勤める場所によって公務員になったり、ならなかったりする」となるでしょう。

 

これは一体なぜなのか。

 

看護師は、勤め先として公立病院を選べば「公務員」になります。

 

私立病院に入れば「公務員」には、なりません。

 

同じように国家資格に合格していたとしても、勤め先によって変わってくるのです。

 

公務員として働く

もちろん病院にもよるのですが、公務員として働く看護師の方が、総合的に見れば「勤務がラク」であるとされています。

 

これは私立病院から公立病院に転職した看護師が、よく口にすることです。

 

加えて自分の希望する科に配属される可能性や、年金制度の整備などが、きちんとなされています。

 

しかし意外な落とし穴があります。

 

それが、「失業手当」。

 

「公務員」として看護師が働いた場合、雇用保険への加入はできません

 

看護師として長く勤め上げる覚悟があればいいのですが、数年で退職してしまうと、私立病院を辞めたときのようなフォローがない、ということは忘れないで下さいね。

 

先の大学病院同様、公務員という立場が得られる求人は人気があります。

 

最新の求人を見逃さない、または将来の転職に備え、こちらの「 高評価で人気の看護師転職サイト 」でご紹介しているサイトに登録し、準備されることをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク