様々な企業看護師の働き方・職場・職種と採用されやすい経歴

企業看護師の年収は病院勤務より高い傾向にあるが多忙となる場合も

企業看護師、フィールドナースとしての働き方には、企業の保健室や医務室での勤務や、治験コーディネーター(CRA)や臨床開発モニター(CRC)、さらには医療機器メーカーでのクリニカルスペシャリストなどがあります。

 

 

病院勤務より年収は多くなる傾向に

年収も仕事も増える可能性がある企業看護師

年収も仕事も増える
可能性がある企業看護師

病院看護師の仕事と大きく違う点は、基本的には土日祝日が休みであることや夜勤勤務が無い事が挙げられます。

 

また、お給料の面でも、病院看護師より高くなる傾向があるようですが、企業にもよりますのでこちらは確認が必要です。

 

また、企業看護師としての求人の数そのものについても、現時点では希望したから誰もが就職出来るという程需要があるわけではありません。

 

では、どういった経歴を持っている看護師だと採用されやすいのでしょうか。

 

企業看護師に採用されやすい経歴

企業の保健室などの常駐業務では、様々な症状を訴える方が利用されることが想定されるため、手術室や救急外来などの経験がある看護師がやはり有利になります。

 

また医療機器メーカーなどの場合には、外資系企業の参入が著しい昨今の状況から、コミュニケーションに支障のない程度の英語力が必要であり営業のスキルも必要となるようです。

 

このように、その業務や企業の特徴によっても必要なスキルが違っているようなので、面接を決める前に自分がそこで働くとなった場合、問題なく業務遂行できるのかというチェックも大変重要と思います。

 

病院勤務の看護師より忙しいケースも

さらに治験コーディネーターや医療機器メーカーで働く看護師といっても、実際の業務内容には医療関係者を対象とした営業もあります。

 

病院内での業務が終わった医師や看護師から話を聞く仕事などがある場合には、連日残業がある可能性があるということも、念頭に置いておく必要がありそうです。

 

夜勤もなく、休みもかっちりしているから…と思っていざ就職してみたけれど、商品開発が活発で常に残業を求められて、いつの間にか看護師の時より働いている…なんてことになっても嫌ですよね。

 

安易に、今より高収入が見込めるからとか、土日は休みだから…と企業看護師を選ぶのではなく、転職しようとしている会社は、どのような業務形態なのかといった点についても、しっかり下調べをした上で転職先の候補として検討すると良いと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク