50代以降の看護師の転職ケース

50代以降の看護師の転職ケース 記事一覧

資格を活かせる50代以降の看護師
看護師の資格を活かせる職場は幾らでもある / 50代以降の看護師

看護師も50歳を超えて50代、さらに60代ともなると、現場で第一線で活躍するよりも管理職となってマネージメントの職に就いている看護師が多いでしょう。この世代での転職と再就職は分けて考えてみましょう。転職と再就職のそれぞれの場合生涯使える看護師免許現在、看護師として就業中で転職を検討する際は、慎重に考える事を強くお勧めします。医療現場が求めるニーズに対し、十分に対応出来るキャリアと肉体的な自信を持っ...

続きを読む
管理職は厳しい
管理職の能力が求められ転職はやや厳しい / 50代の看護師

現役で一つの病院で看護師をやってきた場合、50代になれば、かなりのケースで管理職になっているでしょう。このような場合、もう転職しないでそこで勤め上げる、と考える看護師がほとんどです。50代の条件50代の看護師看護師でも50歳を超えると、今までのような爆発的な給料の伸びは期待できません。しかし、それでも収入は緩やかに上がっていきます。この年代の平均年収は536万円です。50代の女性、ということを考え...

続きを読む
初めて給料が下降
初めて給料が下降するが好きな形態で働ける / 60代看護師

多くの企業戦士が引退し、第二の人生に向かう60代。しかしさまざまな理由、主に向学心や就労意欲から引退せずに働き続ける看護師もいます。そんな看護師の待遇と転職状況はどうなのでしょうか?初めて年が下降する60代の看護師緩急はありましたが、今までずっと上がってきた看護師の給料は、60代を迎えて初めて減少します。60代全体の平均年収は414万円で、50代の頃から100万円近く下がります。しかし「60代の平...

続きを読む
中小病院・クリニック・施設
中小病院・クリニック・施設がお勧め / 50代以降の看護師

看護職の大きなメリットは、生涯現役でいられることですが、しかし必要とされる要素の1つが“体力”であることを考えると、50代以降の転職ではその点をクリアした無理のない職場を選ぶ視点も必要になります。大規模な病院では50代以降の転職組は少数派中小病院・クリニック・施設がお勧め求人自体は、20代、30代と比較して数は少なくなるものの、決して無いわけではありませんが、年代にあわせた転職戦略も必要になるでし...

続きを読む
施設系
50代看護師が多く活躍する施設系 / 50代以降の看護師

前ページ「 中小病院・クリニック・施設がお勧め / 50代以降の看護師 」で施設系の看護師は年齢層が高いことをご紹介しましたので、もう少し施設系について詳しく見ていきたいと思います。特養と老健の看護師の実態特養と老健で最も多い50代看護師特養と老健における看護師の実態を調査したある調査結果では、特養・老健の看護師の平均年齢は約45歳。20代の割合がわずか5%と低く、最も多い年齢層は50代となってい...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク