治験コーディネーター / 看護師の対患者スキルが活かせる仕事

治験コーディネーターは臨床経験を生かし看護師で製薬業界へ転身も

薬ができるまでには様々な工程がありますが、実験室での実験や動物への試験を経て、最終的には人で薬の効果や様々な作用を検証する必要があります。

 

その最終工程を「治験」といいます。

 

 

治験コーディネーター

対患者スキルが活かせる

対患者スキルが活かせる

最近ではクリニックでも治験に参加する施設が増えてきており、業務の中で被験者の患者さんと接する機会のある看護師もいるのではないでしょうか。

 

治験を円滑に進めるために、患者さんと医療機関、依頼者である製薬企業などのパイプ役を果たす職業に治験コーディネーター(CRC)があります。

 

主な役割は、被験者の対応、治験担当医師の対応、関連部署の対応とまさにコーディネートが主たる業務で、それに伴って書類作成が増えてきます。

 

CRCになるには特別な資格は必要ありませんが、病院業務に精通する看護師や、薬のエキスパートである薬剤師、検査値に詳しい臨床検査技師などが適任とされています。

 

患者とのコミュニケーションスキルが活かせる

実際に、CRCとして活躍している人には看護師が多くいます。

 

その理由として、「看護師として培ってきた患者さんとのコミュニケーションスキルが活かせる」という看護師ならではのアドバンテージが挙げられます。

 

新薬の被験者ということで、患者さんは非常にナーバスになっていることから、対患者スキルが高い看護師がまさに適任となるわけです。

 

病院業務と異なり、デスクワークが中心で夜勤等もありません。

 

そのためか、平均年収は350~400万円程度と控えめな様子の求人となっています。

 

肉体派よりデスクワークが好き、という看護師には向いているかもしれません。

 

治験コーディネーターの求人や応募には、こちらの「 看護師資格を活かし一般企業に転職・再就職 」でご紹介の、一般企業への転職・再就職をサポートする転職サイトの活用をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク