産業看護師・ヘルスケア・一般企業 / 看護師ならではの視点を活用

看護師資格を武器にすれば様々な一般企業で活躍が可能

こちらの「 企業看護師とは?知っておきたい看護師の転職仕事先 」でもご紹介していますが、企業看護師というとまず浮かんでくるのは、企業内診療所や健診センターで働く産業看護師ではないでしょうか。

 

 

産業看護師

看護師資格を武器に

看護師資格を武器に

産業看護師とは従業員の身近な相談者として、健康相談に応じたり事業所の活性化、円滑化などをサポートする看護師のことです。

 

健康診断結果などをもとにして相談に応じることが多いですが、近年、メンタルヘルス関連の相談も増えてきており、検診結果の数値だけでなく心理的な側面から従業員などをケアすることも重要になってきています。

 

そのほか、視点を変えてみると看護師という資格を持ちながらも病院とは関係ない分野で働く人はたくさんいます。

 

一例をあげると、一般企業の中の医療機器や健康器具、健康食品などを扱う会社で、看護師など医療資格を持ちながら一般の従業員として広報活動や営業、電話相談などに対応する人を求める求人が挙げられます。

 

高齢化社会とヘルスケア産業の発展

高齢化の影響でヘルスケア産業はますます盛んになっていきます。

 

そこに勤める人は医療知識があってもありすぎるということはなく、看護師資格を持ったうえで、「病院とは異なる場で看護師としての自分の知識を役立てたい」という熱意をもってアピールすればいいのではないでしょうか。

 

このほか少数ですが、団体職員や出版社などで働く看護師もいます。

 

看護を始めとする医療系の団体や、健康保険関係の団体などで事務をする看護師もいれば、看護師としての知識を出版の場で発揮する人もいます。

 

関連性がないと思われるかもしれませんが、看護師が思っている以上に、“看護師ならではの視点“というのは多くの企業に好まれ求められ、求人があります。

 

産業看護師、ヘルスケア産業の求人に関しては、病院以外への転職・再就職、派遣やWワークの支援に強い「MCナースネット」の活用をお勧めします。

 

MCナースネット

 

こちらの「 看護師資格を活かし一般企業に転職・再就職 」で、一般企業への転職・再就職をサポートする転職サイトをご紹介していますので、参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク