派遣看護師 / 復職を決められない潜在ママ看護師の新たな働き方

看護師免許で出来る派遣看護師でお小遣い稼ぎと気分転換

現在、看護師の資格を持ちながらも“何らかの看護職”に就いていない「潜在看護師」は、55万人以上いると言われています。

 

 

復職に踏ん切りがつかない潜在ママ看護師

派遣看護師という選択肢

派遣看護師という選択肢

女性が仕事を離れる理由には実に様々な理由があると思うのですが、中でも出産・子育てのためにやむなく退職したという方は意外と多いのではないでしょうか。

 

実際問題、子育ては本当に大変で、子どもは小さい頃、よく体調を崩して熱を出すし、保育園に通い始めるとイベントなども多くあって、その年齢のわが子の姿をちゃんと見ていたいと思うことで、退職を選ぶというお母さんも決して少なくないと思います。

 

当サイト管理人の私も、その一人です。

 

ですが、いざ看護師を離れて子育てを頑張っていても、少しずつ子どもに手がかからなくなったり、自由な時間が増えてくると「復職」ということ、良い求人があれば仕事をしたいと徐々に考え始めるのではないでしょうか。

 

しかし、どれほどのブランクが空いたかや、まだまだ完全に手が離れたわけではない我が子、もしかするとすぐに次の子どもを…

 

と考える事が増えてくると、すぐに病院の勤務に順応できるのか、復職してちゃんと両立して続けていけるのか、などたくさんの不安が押し寄せ、復職にもう一歩、踏ん切りがつかないという潜在ママ看護師もいることと思います。

 

派遣看護師という働き方

そんな時、オススメしたい働き方の一つに「派遣看護師」というスタイルがあります。

 

復職のリハビリとでも言いましょうか、もしくは本格復帰が難しい時に、空いた少しの時間で、お小遣い稼ぎや気分転換のできるお仕事が、看護師免許で出来るのです。

 

派遣看護師の派遣可能先は、労働者派遣法で養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、介護支援センターなどの社会福祉施設のみと定められています。

 

病院などの医療機関への看護師の派遣は、紹介予定派遣を除いて禁止されています。

 

尚、紹介予定派遣とは、正社員採用を前提とし、 一定期間は派遣の雇用形態で働き、派遣された社員と雇用側の双方の希望が一致した場合に正社員へ雇用形態を切り替えるシステムです。

 

派遣看護師を検討される場合で、転職・派遣サービス会社を利用する際は上記を確認するようにして下さい。

 

以下のページでご紹介している転職・再就職支援サービスの多くが「派遣看護師」に関しても支援をして仕事紹介を行っていますので、活用される事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク