50代以降・定年退職の看護師の転職・再就職とその待遇

50代以降や定年退職のベテラン看護師の即戦力としての求人

看護師という仕事は、基本的に強い体力と精神力が必要な、とてもハードな職業です。

 

そのため、様々な理由によって、転職を考える方も多いのではないかと思います。

 

 

転職を考え始めるベテランナース

ベテラン看護師の即戦力求人

ベテラン看護師の
即戦力求人

現在の日本の社会には「勤労の義務」があり、“義務としての仕事”をリタイアして良いとされている限界は60歳、徐々に65歳へと延長しているために、職場には幅広い年齢の人材が仕事をしていることが現状であると思います。

 

そしてそれは看護の世界でも同様で、看護師としてのキャリアを着実に積み重ね、「ベテラン」と呼ばれて現場で重宝される50代、60代の看護師もたくさん活躍しています。

 

しかし、冒頭でも触れたように看護師の仕事は健康な身体と強い精神力が常に必要な職業であるために、年齢を重ねるに従って『転職』を考え始めるベテランナースも多くいらっしゃるのが現実のようです。

 

ベテランナースを即戦力として求人する多くの施設

  1. 体力に自信がなくなってきたから勤務内容にゆとりのある施設に転職したい
  2. 今から昇進や収入アップの可能性があるのなら挑戦してみたい
  3. 定年後の勤続を見据えて再雇用制度のある施設を選びたい

など、50代からの転職、また定年を控えた看護師には若い頃とは、また違った要素が含まれることも多いのではないかと思います。

 

看護師の求人は「万年売り手市場」と言われることも多いですが、50代ともなるとやはり若い世代の求人数に比べたら、だいぶ少なくはなってしまうようです。

 

ですが、ときには十分な経験を積んだベテランナースを即戦力として雇用したいという施設も、最近では見られるようになっています。

 

中には、求人の時点で「師長を募集」というように、役職が約束された案件もいくつか見られることがあります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク