高齢の看護師の転職や再就職成功に必要な自己アピール

高齢の看護師でも即戦力・長期戦力となる能力と意欲をPRする

50代以降、及び定年退職前後の看護師の転職や再就職では、たとえ役職がない転職であったとしても、定年までは収入などについても経験年数が考慮されるため、総合病院などへの転職の場合には、転職前と大幅に収入が減ることはないとされています。

 

 

自己アピールポイントをまとめておく

自己アピールが重要

自己アピールが重要

しかし、大きな病院以外の個人医院やクリニック、病院以外の施設への転職の場合にはその施設の条件などにもよって、現在よりも収入が減る可能性は高くなるでしょう。

 

50代から、また定年退職前後の看護師転職を考えた際に重要なポイントの一つとして、現在までに培ってきた経験や知識を、新しい病院でいかに活用できるかのアピールポイントを始めからまとめておくということがあります。

 

つまり、その転職に何を求めるのか、何をアピールして採用してもらいたいのかを明確にしておくことが必要となるのです。

 

即戦力・長期戦力となる能力と意欲をPR

病院側としては、体力をとっても、その先を見据えた勤務期間をとっても、年齢の若い人材を採用した方がメリットは大きいと考えてしまうという事は、容易に理解できるのではないかと思います。

 

しかし、若い人材であれば誰でも良いのかというと決してそうではありません。

 

まだ結婚・出産を経験していない方であれば、今後それらをきっかけに退職してしまう可能性もあります。

 

意志や順応性が低く、環境に耐えられず、すぐに辞めてしまう人だって確実にいないとも限りません。

 

そんな中、多少年齢が高くても、

  1. この病院でこの分野について確実に力を発揮できる
  2. 再雇用制度を利用して定年後も働けるだけここで働きたい

といった意欲を見せることで、即戦力・長期戦力になって貰えると判断してもらえれば、転職、再就職も難しくないのではないかと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク