定年退職後の看護師再就職の高齢化社会での実態

看護師の経験と資格は転職・再就職・再雇用に際して一生涯使える

この記事を読んでみえるあなたが、もし今看護師として働いている現状があるのならば、その時点であなたには、定年退職後の再就職先について、同年代で他の仕事をしている方々よりも、その心配はかなり少ないのでご安心ください。

 

 

看護師経験は一生涯使える

生涯使える看護師経験

生涯使える看護師経験

まず、現在の病院における定年の現状ですが、こちらの「 看護師に定年退職の年齢設定はあるのか? 」でもご説明していますが、国公立の病院では60歳、民間の病院では50~65歳が定年と様々ではありますが、多くの病院で65歳まで働けるようになってきつつあります。

 

さらに、施設によっては定年後再雇用制度があるところもあり、深刻な人手不足も手伝ってか、定年後病院から何度も連絡が来て、是非再雇用したいと打診されることも少なくないということです。

 

しかしその場合には、夜勤などのない週に数日の日勤のみであることが多く、そのため収入は以前より減ってしまうようです。

 

ですが、それほど看護師として現場で積み重ねてきた貴重な経験は、その後一生涯使える力となるということなのです。

 

ブランクがあっても望みが叶う可能性が高い

特に、師長などの役職について施設に大きく貢献してこられたような人材であれば、病院側も簡単に手放したくはないと思うのも、理解できるのではないかと思います。

 

それでも、定年まで一生懸命走り続けてきたんだから、この機会にやっぱりゆっくり休みたいと思い、退職を選択するという人もいるでしょう。

 

そんなとき、看護師資格の強みは、長年勤め続けた病院を一度離れた場合でも、他の施設への再就職を希望した際、その望みが叶う可能性が高いという点にも発揮されるのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク