高齢看護師の定年後の再就職に重要な人間関係と心構え

看護師の定年退職後の再就職に重要な人間関係と看護師スキル

長年看護師の仕事に従事し続けて来た方々の中には、元々忙しく働きまわることが好きで、しかも長い看護師生活でその忙しさに慣れてしまっていて、家での時間を持て余すことに耐えかねて再就職を選ぶという人も多いようです。

 

 

看護師の再就職に重要な人間関係

重要な人間関係とスキル

重要な人間関係とスキル

民間病院や個人病院、クリニックや、老人施設などでも、パートや非常勤として高齢な看護師を雇う施設があります。

 

実際に70歳や、果ては82歳の現役看護師がバリバリと仕事をしている病院もあるのだとか。

 

しかし、全くの新しい環境で再就職するとなると、人間関係が不安だったり業務内容が覚えられるのか、仕事に付いていけるのかなど、若かった頃とはまた違う不安も大きく感じてしまうのではないかと思います。

 

50代以降、また定年後の看護師の再就職先としては、病院、老人施設やクリニックなどが一般的ではありますが、50~60年の人生の中で大切に培ってきた人との繋がりや、信頼関係などを基に、会社や知人の紹介によって職場を紹介されたり、新たな施設のスターティングメンバーとしての再就職という場合も意外と多いようです。

 

看護師としてのスキルを磨いていくことも大切ですが、定年後も長く仕事をしていたいと考えているのであれば、そういった人間関係の構築についても、のちに重要になってくるということなのですね。

 

常に看護師のスキルを磨く心構えを

他にも、ボランティアで行政主催のイベントに参加できる機会もあったりと、長きに渡って築き上げてきた看護師としてのスキルは、死ぬまで使い続けられるということではないかと思います。

 

人生、どこでどのような転機が訪れるか分かりません。

 

定年退職後の看護師としての働き方を考える場合、いくらベテランと呼ばれても定年を迎える前まで看護師としてのスキルを磨き続ける事を心掛けるべきでしょう。

 

せっかく看護師として働いているのですから、その先の未来で、どのような形でもその経験を最大限に活かしていけるよう、毎日を精一杯過ごして行きたいものですね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク