保育士・病児保育スペシャリスト 看護師とのW資格

看護師資格と保育に関するW資格で働くフィールドを広げる

子供好きの人にとって、保育士の資格は魅力的なものの1つでしょう。

 

 

看護師と保育士とのW資格

ニーズの高い保育の資格

ニーズの高い保育の資格

こちらの病院以外の転職先の記事「 保育園看護師 / 子供好きにお勧めだが一人職場の覚悟は必要 」でもお伝えしていますが、より安全な保育環境を整備するため、保育園に看護師を配置するところが増えてきています。

 

保育士の資格は、通信講座などを受講して、都道府県が実施する保育士試験に合格することで取得できるため、働きながらでも目指すことができます。

 

受験科目は「児童家庭福祉」や「保育の心理学」、「子供の保健」、「子供の食と栄養」、「社会的養護」などの筆記試験に加えて、音楽あるいは造形、言語に関する実技試験となっています。

 

実技試験は多少、練習をする必要があるかもしれませんが、筆記試験などは看護師になるための国家試験をパスした看護師のみなさんなら、きっと苦労することはないのではないでしょう。

 

夜勤等がないぶん、保育士の給料は低くなりますが、看護師と同様にニーズの高い保育士とのW資格で、働くフィールドは大きく広がることが期待できます。

 

病児保育スペシャリスト

さらに、看護の知識をより深く生かしたいということであれば、「病児保育スペシャリスト」という民間資格もあります。

 

保育園は健康な子供を預かる施設であり、体調不良の子どもは預かれません。

 

ですが、子供が小さいうちは何かと病気にかかりがちで、その都度休んでいては仕事にならず、病児・病児後の保育は非常にニーズが高くなっています。

 

日本病児保育協会では、そんな病児保育のスペシャリストを養成しています。

 

Web講座を受講し、試験に合格した後、24時間以上の実習で取得できます。

 

今後のニーズを考えても、取得しておいても決して損はない資格でしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク