看護師の転職・再就職 - キャリアアッププラン検討

日本看護協会の制度とキャリアアップ

看護師としてのキャリアアップを考えたとき、「認定看護師」「専門看護師」「認定看護管理者」の資格取得は大きなプラス要素となります。そこで、このカテゴリーでは、それぞれの資格の概要と資格取得後の更新審査についてご紹介します。

日本看護協会の制度とキャリアアップ記事一覧

看護師に認定看護師の資格取得を打診する病院側のメリット


認定看護師資格取得の病院側メリット

看護師不足の中で、勤務する看護師を教育機関に送りだし、認定看護師の審査を受けさせるということは、病院側にもそれなりのメリットがあるということです。ここでは診療報酬の加算や宣伝効果などについてご紹介します。

≫続きを読む

 

認定看護師の受験に必要な教育機関の選び方と学費や生活費の工面


教育機関の選び方と学費や生活費

看護師のキャリアアップ方法として知名度の高い認定看護師の資格ですが、受験資格を得るためには教育機関に通い、専門分野の知識を深める必要があります。ただし、教育機関は限られた場所にしかなく学費もかかるために注意が必要です。

≫続きを読む

 

認定看護師が転職の際に気を付けたい更新審査・延長審査の盲点


更新審査・延長審査

認定看護師の資格は5年ごとに更新が必要です。更新審査には看護実践時間証明書を職場に記入してもらう必要があるので、転職時には要注意!また、延長審査も必ず合格するわけではないので実践時間とポイントの稼ぎ方に工夫が必要です。

≫続きを読む

 

専門看護師の受験に向けた大学院選びと受験資格審査


大学院選びと受験資格審査

専門看護師の受験に必要な大学院への進学。これから大学院に進まれるのであれば、専門看護師教育課程を開講している大学院がオススメです。また、既に大学院を修了されている方であっても専門看護師の受験は不可能ではありません。

≫続きを読む

 

専門看護師の更新審査・延長審査の概要と重要なチェックポイント


更新審査・延長審査の概要とチェック

看護師のエキスパートである専門看護師。専門看護師は5年ごとに更新審査を受けなければ資格が失効してしまいますが、この要件を満たすために副業や兼業が必要となるケースもあります。更新審査の直前で焦らないよう気を付けましょう。

≫続きを読む

 

認定看護管理者の施設経営知識と認定審査・更新審査の概要


認定看護管理者

近年、看護師であっても副院長の職位に就くことができ、看護師の力が認められようになりました。認定看護管理者の資格は、看護師の中でも病院の経営について熟知している証。ここでは認定看護管理者の資格の概要についてご紹介します。

≫続きを読む

 

看護師のキャリアアップは認定看護師と他資格のW取得がお勧め


認定看護師と他資格のW取得

看護師の世界のエキスパートともスペシャリストとも呼ばれる認定看護師。最近では、認定看護師の資格に加えて専門看護師や認定看護管理者の資格を取られる方もいらっしゃいます。ここではこれらの資格のW取得についてご紹介します。

≫続きを読む

 

お勧めの転職・再就職支援サービス


 看護プロ

看護プロ

看護プロは、50代でも定年退職前後の看護師にも質の高い丁寧なサポートで、友人に紹介したいという方が97.6%を誇る転職支援です。昼間だけしか働けない、土日休みが絶対の看護師の方もOKです。



 看護roo!

看護roo!

看護roo!は、利用者の96%以上が満足と回答する、求人数が最大規模の転職支援です。サービス30年以上の歴史を持ち、1年に2万人以上が利用する、看護師に最も選ばれている転職サービスです。



 MCナースネット

MCナースネット

MCナースネットは、友人紹介実績が第一位で利用者満足度95%を誇る転職支援です。転職や派遣にも対応、また病院以外の健診・ツアーナース・企業/学校・Wワークなどの仕事紹介も行っています。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
人気の看護師転職サイト 一般企業への転職・再就職 ツアーイベントナース・保育士

転職ネット powered by TrendLead