看護師の転職前にチェックしておきたい候補病院の院内認定資格

看護師の転職活動のポイントとなり得る院内認定資格制度の有無

多くの看護師を抱える病院の中には、院内資格や院内認定制度を設けている病院もあります。

 

看護師の中には、これをプレッシャーと考える人もいれば、キャリアアップのチャンスと考える人もいるので、転職を考えている人が病院選びの際に確認したい項目のひとつです。

 

 

なぜ必要?病院独自の資格

院内認定資格を事前にチェック

院内認定資格を
事前にチェック

院内資格や院内認定制度を設けている病院の多くが、一般的に知名度のある病院であったり、総合病院の中でもかなり規模の大きい病院であったりします。

 

このような病院では、複数人の認定看護師や専門看護師が所属していることもありますが、看護師全体のレベルを高めるために院内資格を設けていることがほとんどです。

 

病院によっては、この資格を持っていない人には、特定の業務に就かせないというような決まりを作っているところもあり、力の入れ方は病院によってさまざまです。

 

院内資格の取得方法

院内資格は、病院独自の資格のために、取得方法はさまざまですが、後輩の育成に携わったことのある看護師を中心に受験資格を与えている病院が多くあるように感じます。

 

院内資格には、いくつかの分野があり、認定看護師や専門看護師が中心となって資格取得のための研修を行っているような病院であれば、その分野も、認定や専門看護師の分野に準じています。

 

また、いくつかの病院では静脈注射に関する資格を設けています。

 

院内資格は患者さんやその家族に対するアピールにもなるので、取得基準を病院のホームページで公開していることもあります。

 

転職活動の際には、候補となる病院のホームページを確認して院内制度の有無や分野について調べることをオススメします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク