決定的な退職理由がなく勤務を続け強くなる看護師の生き方

転職先で看護師として強くなり看護部長となった私の背景

実際に私自身も一人の看護師として、勤務していた病院を辞める際、人間関係に悩み、それに家庭の事情がプラスされ、もう勤務することは不可能と考え辞職しました。

 

 

決定的な退職理由がなく勤務を続ける看護師

私が看護部長となった背景

私が看護部長と
なった背景

ずっと、「辞めたい、辞めたい」と考えていても、病院側が納得してくれる十分な離職事由が無いと、特に看護師の退職は簡単に受け入れて貰えなくなっているのではないかと思います。

 

それも当然ですよね。

 

ただでさえ看護師の離職率が高くなっていて人手不足なのですから、病院としては、どうにかしてでも居て欲しいわけです。

 

なので、病院に納得してもらえる決定的な退職理由がない看護師は、いつの間にか同じ職場で経験年数を重ねているという方も多いのではないかと思います。

 

人の生き方は、それぞれです、それはそれで看護師の生き方として間違ったことではないと考えます。

 

強くなっていく看護師

そうして10年でも経ってしまうと、5年前くらいまで「あの先輩にこんなことを言われて辛かった」「そんな言い方しなくてもいいのに…」と思っていた発言や態度を、今度は自分が、そこまでの自覚や意識が無くても発するようになっていることがあるようです。

 

いつの間にか、子羊な自分から子狼くらいまでに精神が強く成長?していたのでしょうね。

 

仕事の過酷さや精神的に辛い部分も多い看護師の仕事なので、それが悪いことだとは思いませんが、看護師に気が強くて怖い人が多いというのはある意味仕方のないことなのかもしれないなと、思えるようになった管理人です。

 

まさしく私が転職先の病院で、看護部長となった背景がコレです。

 

転職を検討する際は、良く考えるべきポイントとしてアドバイスさせて頂きます。

 

もちろん、元々の「個人の性格」でかなり意地悪な態度や発言をするという人もいますので、その際は上司などに相談して“その人をどうにかする”という方法もあるということも付け加えておきたいと思います。

 

以下の記事も、是非とも参考にしてみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク