もっと稼ぎたい看護師が候補にすべき転職先と必要な準備

年収アップとなる転職先を検討し目的に合わせ看護師として備える

もっと稼ぎたいという看護師は少なくありません。

 

どうしたら、より稼げるようになりますか、という相談を受けることも多くなっています。

 

収入アップに向けて、考えられる選択肢別に備えておきたいポイントをまとめたいと思います。

 

 

好条件の転職先で収入アップを図る

転職先の検討と準備が大切

転職先の検討と
準備が大切

まずは転職です。

 

こちらのQ&A「 転職先の人間関係を知る方法・収入を増やすための看護師の働き方 」でもお伝えしていますが、高収入と評判の透析や美容整形、不妊治療などのクリニックへ転職したり、都市部の大きな病院や待遇の良い国立の病院などへの転職が挙げられます。

 

その際には“出世を視野に入れた”転職という選択肢もあるでしょう。

 

現在は、大学卒・短大卒・専門学校卒・高等専門学校卒など様々な学歴を持った看護師が存在しています。

 

役職に就く人材というと、高学歴である必要がありそうなイメージなのですが、実は看護師界の出世事情は、必ずしもサラリーマン業界のように学歴至上主義というわけではないようです。

 

もちろん、大学付属病院や国立病院といった所ではやはり専門学校卒・短大卒よりも大卒の方が可能性は高いようですが、一般病院では専門学校卒でも看護師としてのセンスが光っている人や、認定・専門看護師を取得した人などは、大いに出世の候補となる可能性があるようです。

 

収入アップで看護師が備えるべきこと

では、実際に転職を考えた際に、収入アップに向けて備えておくべきことを考えてみたいと思います。

 

専門クリニックに転職するにしろ、出世を視野に入れた転職をするにしろ、やはり一番重要なポイントは、“専門性を高める”ということであると思います。

 

収入が他より高い施設というのは、やはり相応の要因があるといいますか、それなりに忙しい施設であったり、最先端の検査や治療が受けられるといった付加価値のある施設が多いような気がします。

 

このためそれらの施設で採用してもらうためには、その分野に如何に強いか、またどれほど高い学習意欲があるかという点を見て貰う必要があるでしょう。

 

さらに師長などの役職を目標としている場合には、自身の専門性や看護師長としての素質がどれほどあるのかという点を認めてもらう必要があります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク