どうやっても改善されないブラック病院なら看護師は転職をするべき

新卒看護師の離職率は増加の一途を辿り辞めていく者が責められる

ブラック病院の経営者が看護師の心を悪用するのは、「お金を儲けるため」なのかもしれません。

 

「病院を大きくしたい」という野心からなのかもしれません。

 

 

増加する新卒看護師の離職率

改善されないブラック病院は転職を

改善されない
ブラック病院は転職を

常に現場を見なくなった経営者は目的を果たしてくれる、ありがたい存在であるはずの職員の現状を見る事も無くなり、職員が苦しんだり、疲れたりしている姿には心が動かなくなってしまうのかもしれません。

 

看護師の新卒者の離職率が増加の一途を辿っている昨今、この問題は往々にして“新卒者の忍耐力がない、怒ればすぐやめる”などと、辞めていく者が責められることが多くなっています。

 

しかし、その施設の実情にしっかりと目を向てみると、経営者や人材を使う側が『自分達の都合の良い理由だけ』を見て、ブラックな現場を見ようとしない現実があります。

 

そのために、新卒者の離職率が増加の一途を辿っているのかもしれません。

 

現在では、看護協会が率先して看護師の労働環境の改善を推し進めるようになったようです。

 

しかし、この取り組みを素直に取り入れてくれる病院はどれくらいあるのでしょうか。

 

どうやっても改善されないブラックならば転職を

国立や医大、日赤などの大きな病院は対応してくれる可能性は非常に高いと思います。

 

しかし、この看護師の労働環境の改善は個人病院なども、すべてが前向きに取り組む気持ちにならないと、この先もまだまだしばらくは実現しないような気がしてなりません。

 

看護師という仕事は、ある面でお金だけで割り切れない仕事であることは事実です。

 

しかし残念なことに、金銭至上主義の経営者が居ることも、また事実です。

 

転職は、看護師に限らず、安易な気持ち、動機でするものでありません。

 

勤務している組織の経営方針、そこの労働環境、そして収入のバランスなどで、転職をするかしないかは判断するべきです。

 

どのようにしても改善されないブラックな職場であれば、私は転職を強くお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク