男性看護師の現状・悩み・問題点

男性看護師の現状・悩み・問題点 記事一覧

男性看護師のメリット
男性看護師のメリットは色々とあり転職はしやすい

ナイチンゲールの例をとるまでもなく、今までずっと看護師=看護婦、つまり看護師は女性の職業だと言われていました。ためしに、手元のキーボードで「かんごし」「かんごふ」と打ってみてください。おそらく大半のパソコンが、「看護婦」は一発変換できるのに、「看護師」は一発変換ができないようになっていると思います。男性看護師のメリット・ハード面男性看護師のメリット数値に関しては後で詳しく述べますが、実際男性看護師...

続きを読む
男性看護師のデメリット
女性が圧倒的多数の職場での男性看護師のデメリット

男性で看護師をするということには、デメリットもあります。ここでは、それらのデメリットについてお伝えします。男性は良くも悪くも「異分子」?!男性看護師のデメリット看護師で管理職を勤める友人に、「男性看護師はどうか?」と聞きました。彼女は同期もほとんど女性で、男性はクラスに2名ほど。「言葉は悪いけど、やっぱり良くも悪くも『異分子』。」と、忌憚のない意見が聞かれました。基本的に看護師は女性が多いため、病...

続きを読む
男性看護師は全体の5~8%
男性看護師は看護師全体の5~8%という現実

当サイトでは何度も、「男性看護師はとても少ない」と述べてきました。ここでは男性看護師の数を、具体的な数字で見ていきましょう。男性看護師はわずか5パーセント!男性看護師は5%そもそも「看護師」という言い方が確立されたのは、2000年代に入ってからです。その前は「看護婦」という言い方が一般的でした。そう称されるほど、男性の看護師は少なかったのです。看護師は不況知らずということもあり、現在は男性の看護師...

続きを読む
男性看護師の活躍と役目
益々広がる男性看護師の活躍の場と期待される役目

男性看護師が少数派である、ということは、今までの項目で再三触れてきました。ではそんな男性看護師が活躍する場所は、どこなのでしょうか?ここでは、「男性看護師が活躍する科」の今昔物語について、お伝えします。かつては精神科が中心男性看護師の活躍する科かつて男性看護師の活躍の場所として取りあげられていたのは、精神科でした。体力もありますし、暴力を振るう患者もいる中、腕力と体力のある男性看護師は、女性看護師...

続きを読む
男性看護師の悩み
男性看護師に相談相手がなく疎外感や孤独感を抱く悩み

男性が看護師であるために、考えられる特有の問題とはどのようなものがあるのでしょうか。最近になってようやく、「看護師が男性である」ということが広く認知され、それによって患者の間でも受け入れが進み、若い女性への看護などに配慮さえすれば、看護師としての普通の業務が行える環境にはなってきていると思います。相談相手が居ない男性看護師の悩み相談相手と男性看護師それでもまだまだ現場における男性看護師の数は少なく...

続きを読む
男性看護師の男性ならではの悩み
男性看護師が抱くプライド面での男性ならではの悩み

男性看護師が抱く悩みの中には、『男ならでは』と言っても良いのでしょうか、女性には少し理解しづらい、プライドという観点の悩みを持っている男性もいるようです。男性としてのプライドと命令形態男性看護師のプライドそれは、“年齢が若いうちは気にならないが、年齢を重ねるうちに年下の医師に命令されたり指示されることに、違和感を感じ始める”ということ。しかも国立大学出身であれば、さらにこのようなコンプレックスは大...

続きを読む
男性看護師の出世や昇給と人生
男性看護師の出世や昇給と男性の人生の在り方

男性看護師の悩みとして、将来的な収入を考えた時に今の職場、そもそも看護師で家族を養っていけるのかが不安だという男性もいるようです。男性看護師の出世と昇給出世と昇給と人生の在り方“自分が死ぬまで”倒産の心配がないと確実に言える大手企業などに努めた場合には、年齢と学歴などによって確実な出世と、昇給がありますよね。しかし、看護師には出世の道も極めて少なく、上手く役職に付けたとしてもそれほど大きな収入アッ...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク