チームワーク - 転職後の全ての看護師に優先的に求められる

看護師が転職後に最優先で取り組むべきチームワーク参加

看護師が転職、再就職を考える場合、自分の看護師としてのレベル、技量、経験値を自分で把握する事はとても大切です。

 

人手不足な医療現場で、即戦力となる看護師が優先的に求められるのは当然の事ですが、しかし、こちらの「 経験が浅い新人看護師でも転職で不利な待遇となる事はない 」でもお伝えしているように、看護師として未成熟である人にも同じ転職、求人のチャンスは与えられています。

 

 

それぞれのレベルで看護師に求められる事

最優先されるチームワーク

最優先される
チームワーク

ベテランの領域の看護師として認められた人には、それなりの待遇が準備されますが、しかし同時に期待されるだけの技量を入職した日から求められます。

 

また管理職であるならば、人材マネージメントにも参加を求められる、または任される事となるでしょう。

 

だからこそ雇用条件も待遇も良いのです。

 

ベテランのレベルであると自負する看護師は、この点を心する必要があります。

 

キャリアの浅い看護師は入職後、必要と判断されたならば、病院の教育カリキュラムにのっとった研修を受ける場合があります。

 

また、その病院などでの特有の仕事の進め方、ルール、システムを学ばなくてはなりません。

 

自分の看護師としての技量が成長途中であると考える看護師は、この点を覚えておきましょう。

 

共通して看護師に優先的に求められる事

このサイトでも繰り返しお伝えしていますが、ベテランでも新米でも看護師が転職や再就職が出来ないという事は殆どありません。

 

どんなレベルでも看護師の資格を持っていれば、よほどの事が無い限り、すぐに働く事は可能です。

 

また看護師のレベルに依って、転職後に取り組まなくてはならない事が変わりますので、それを覚悟しておきましょう。

 

ですが、ベテランでも新米でも転職した看護師として優先的に取り組むべき事は共通しています。

 

それは新しい職場に早く馴染む事です。

 

整然として規律の取れたチームワークは医療現場に不可欠です。

 

看護師として更に転職で成長するためにも、いち早く新しいチーム、職場に馴染み、頼れるチームの一員となるように心掛けましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク