年齢 - 売り手市場の看護師の転職年齢リミットは一般より緩い

転職の年齢リミットは看護師は40歳で一般は35歳を目安に

一般的に転職で有利とされるものは、経験と若さです。

 

矛盾があるようにみえる、この二つの転職の要素のうち、「若さ」についてお伝えします。

 

 

35歳までが現実的な数字か

転職の検討は35歳を意識して

転職の検討は
35歳を意識して

もちろん、経験が豊富であるとか、資格を持っているとか、あるいは引き抜きであるとか、そういう特殊な条件やウリがあれば、年齢に関わらず、「欲しい!」と言ってくれる病院はあるでしょう。

 

前の職業よりも、良い待遇で迎えてくれる所もあるかもしれません。

 

しかしそうでない場合、転職のリミットと言えば、だいたい35歳くらいである、と考えた方が無難です。

 

実際私の周囲では、「転職する・仕事を変える」ことを真剣に考えたとき、「35歳の前か後か」で、踏み切るかとどまるかを選ぶ人が多いように思えます。

 

看護師と会社員

「看護師は転職(あるいは不況)に強い売り手市場だ」と言われるのは、これと比較すれば良く分かります。

 

こちらの「 求人の制限があるがキャリア次第で破格の待遇も / 40代の看護師 」でもご説明していますが、看護師の転職上限年齢は40歳と線を引かれることが多く、それ以上でも取ってくれるところがたくさんあります。

 

しかし一般の会社員の場合、40歳はギリギリ、後がない状況だ、と考えて転職というものを考えた方が良いでしょう。

 

いろいろな不満はあるかと思いますが、ハローワークや看護協会のナースセンターなどでも、「35歳以下でないと、そもそも案内さえしてもらえない、面接にたどりつけない」というケースが非常に多いです。

 

資格がなかったり、経験がなければ、なおさらのことです。

 

逆に考えると、35歳というのは、自分の可能性に賭けることができる、「現実的な」年齢のリミットである、と言えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク