働きやすさ - 統計や看護師のアンケートでバラつきがある人間関係

人間関係で転職する場合でも転職先の面接ではプラス転換した言い方を

転職理由の一つである「人間関係」には、大きな疑問と不思議がつきまといます。

 

給料や休日といったものは、あらゆるランキングで上位に入ってくるのに、「人間関係」という項目に関しては、非常に票がばらつくのです。

 

あるアンケートではダントツのトップ(全体の53パーセント)になっているのに、あるアンケートでは圏外、あるアンケートでは1割ほどで4位、となっています。

 

 

20代女性のホンネ

若い女性の転職と人間関係

若い女性の
転職と人間関係

しかしこの不安定な結果の中でも、20代の女性の転職理由の1位に人間関係がランクインしてくるのは事実です。

 

実際私の周囲の看護師で、20代で職を変えた女性の大半は、人間関係の理由によるものでした。

 

逆に、「多少待遇が悪くても給料が低くても、人間関係が良いから転職したくない」と答える人も多く、このキーワードは大きな要素になっています。

 

女性ばかりの職場である看護師の世界では、この人間関係は重要な要素です。

 

ただし、このことを転職・再就職の面接で「素直に」伝えるのは考えものです。

 

ポジティブな言い方を心がける!

面接のときに、「人間関係が上手くいかなくて辞めました」と素直に伝えるのは愚の骨頂です。

 

たとえ周囲のやり方が間違っており、あなたがそれについていけなくて辞めたのだとしても、新しい会社は、「だったらウチでも問題を起こすのではないだろうか」と考えてしまうからです。

 

そのため、「周りと歩をあわせ、一緒に進んでいきたい」という風に、プラスに転換した言い方をする必要があります。

 

「働きやすい職場」を考える際には、まず自分自身を変えなければいけません。

 

女性が圧倒的多数の看護師の職場では、特に人間関係での協調性が求められます

 

看護師の転職の際にも、十分に注意して欲しい要素です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク