看護協会のナースセンター - 看護職経験者の職員が対応

eナースセンターは全ての手続がインターネットから可能

看護協会のナースセンターは、47都道府県に必ず最低でも1か所あって、看護職の職業紹介や再就業支援を行っている公的機関です。

 

ハローワーク同様、全ての支援は無料で受けることが出来ます。

 

 

看護師の就職に特化した看護協会のナースセンター

公的機関で安心なナースセンター

公的機関で安心な
ナースセンター

看護協会のナースセンターでは、登録で求人情報が検索、閲覧できますが、ハローワークと違いナースセンターのWEBサービスである「eナースセンター」を利用すれば、インターネットから登録、求人検索、紹介依頼が可能となっています。

 

またハローワークは全ての職種、業種に関しての求人を取扱いますが、ナースセンターは看護職(保健師、助産師、看護師、准看護師)の就職支援に特化している分、求人要綱などの情報がより詳細となっているのが特長です。

 

またナースセンター運営の「eナースセンター」では、スマートフォンでも求人検索が可能で、また地図検索機能で希望する勤務地近くの施設が探せます。

 

更に希望にあうマッチングする就業先をメールで配信してくれるサービスも行っています。

 

是非とも活用しましょう。

 

eナースセンター

 

ナースセンターのメリット

ナースセンターの最も大きな特長は、職員の方のほとんどが看護職の経験者であるということです。

 

看護協会のナースセンターに出向き、職員の方と窓口で相談すれば求人案件を紹介してくれ、また希望すれば事業所への問い合わせも行ってくれます。

 

都道府県別ナースセンターの一覧

 

ただし、都道府県の看護協会のナースセンターは、ハローワークほどに多く地域内に存在していません。

 

そのアクセスのデメリットを解消するのが、WEBサービスの「eナースセンター」となっています。

 

看護トークイベント、職場復帰のフォローアップ、看護職カムバック支援セミナー、再就業技術講習会、訪問看護ステーション就職希望者を対象とした体験実習など、さまざまなイベントや講習会も開催されています。

 

求人をしている事業所の採用担当者と直接に面談ができる「相談会」と称されるイベントなども開催されています。

 

また、都道府県看護協会による職業紹介事業という面から、地方の求人に強いという面もあります。

 

利用する上での注意点

公的機関で安心して利用できるナースセンターですが、求人数の多さ、豊富さという面で不満を感じる方が少なくないようです。

 

また、インターネットでのサービスも改善が続けられていますが、まだまだ使い勝手が良くないという声も聞こえます。

 

そして、最も注意して頂きたいのは、公的機関であるナースセンターは、ハローワークと同じで求人をする事業所も無料で利用ができますし、事業所の取捨選択が出来ないという事実です。

 

それゆえに経営内容が良くない事業所であったり、最悪の場合はブラック病院での求人も取り扱いをします。

 

転職、再就職を失敗のないものとするには、事前の情報収集が最も重要です。

 

公的なナースセンターと、民間の転職支援の併用で、なるべく多くの情報を集めることをお勧めします。

 

尚、民間の転職支援でナースセンターと混同しやすい名前のサービスがあるので、注意をして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク