求人情報誌 - 看護師求人の質が良く精度が高い情報が多い

求人情報誌のデメリットは地域限定型の求人情報と独自での応募手続き

インターネットという手段が普及するまで、「求人情報誌による職探し・求職」というのは、ハローワークや看護協会のナースセンターに次いで大きな、職探しの手段でした。

 

求人情報誌には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

 

求人情報誌による求職方法のメリットとは

求人情報誌には質のよい求人が

求人情報誌には
質のよい求人が

求人情報誌は有料での広告になりますので、基本的にあまりにもブラックだったり違反報告が多い求人、そして会社は、事前にシャットアウトされます。

 

そのため、比較的質のよい求人情報が集まります。

 

また、当然のことながら、フリーペーパーの求人情報誌よりも、本屋などで「売っている」求人情報誌の方が質の良いものが集まります。

 

比較的精度が高いものが多いということも、メリットの一つとしてあげられるでしょう。

 

求人情報誌のデメリット

求人情報誌の場合、ほとんどが「地域限定型」です。

 

私の友人の看護師のように家庭の事情から、「外に出たい」「県外で働きたい」「良い条件があれば、引っ越してそこに移る」と考えている人には、あまり向きません。

 

また、インターネットの転職支援サイト情報やハローワークやナースセンターのように、応募要綱に「雛形」はないケースがほとんどなので、自分で一から組み立て、交渉し、送らなければなりません。

 

そのため、「積極性がない」「コミュニケーション能力には不安がある」「誰かに教えてもらいたい」という人にとっては、少しハードルがあがってしまう、というデメリットがあります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク