知人紹介 - 待遇が良く看護師として安心に転職・就職話が進む

知人紹介のデメリットはトラブルが起きると人間関係にひびが入る

知人の紹介で職探し、という場合は、「職探し」というよりも、ほとんど「本決まり」に近いことが多いかもしれません。

 

ただ、場合によっては、「コネで『就職試験を受けるところまでは案内してあげる』けど、それから先は実力で」というケースもあります。

 

実際、「親族が系列子会社の社長だったから、表に出ない求人情報が回ってきたけれど、『入社試験のときには親族だと言っていないから、実力で頑張れ』と言われた」という話も耳にしました。

 

 

待遇が良い傾向にある

安心がメリットの知人紹介

安心がメリットの
知人紹介

知人からの紹介は、他の求職方法と一線を画します。

 

たいていの場合、他の方法で求職するのに比べて待遇が良い傾向にあり、就職にもあまり困りません。

 

これは、「この人にはこの仕事があうと思ったから」「この人だったら紹介しても私の顔がつぶれないくらいの実力だから」というのが前提にあるからです。

 

看護師の場合も、同じです。

 

私も、自分の采配で人を紹介する時には、このようなことを考えて行います。

 

雇う側も、「○○さんの紹介だったら大丈夫だろう」と安心して雇うことができます。

 

人情的なしがらみが多い

反面、知人から紹介された場合、ひとたびそこでトラブルが起こってしまうと、知人との関係を含め、人間関係にひびが入ることがあります。

 

「○○さんの紹介だからとったのに」

 

「○○さんの紹介だから安心して働けると思ったのに」

 

「△△さんだから◇◇さんに紹介したのに」と、三者三様でもめることになってしまいます。

 

知人からの紹介とはいえ、ある程度ドライにやっていく心構えがないと遺恨となりかねません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク