派遣会社 - 看護師の雇用形態の自由さと大きく稼げる可能性

派遣社員のデメリットは休日などの希望が通らない可能性がある事

派遣会社は、近年着目されるようになってきた仕組みです。

 

そのメリットとデメリットも考えていきましょう。

 

 

正社員にもなれる!スーパー派遣だと時給が凄まじいことに

自由で稼げる派遣雇用

自由で稼げる派遣雇用

派遣会社に登録して仕事を探すことのメリットは、「パートやアルバイトという雇用形態をとりつつも、希望すれば正社員になれたり、また希望しなければそのままでいられる」というような、「雇用形態の自由」にあります。

 

これは派遣会社で求職活動をすることの特権と言えるでしょう。

 

「今はアルバイトだけど、できれば社員になりたい」「保険には入りたいけど、正社員にはなりたくない」という要望もかなえてくれます。

 

また、人によっては「たとえボーナスがでなくても、正社員で働くより、派遣で働いていた方が稼げる」という人も。

 

いわゆる「スーパー派遣」ですが、これくらいのクラスになると、時給3000円を超えます。

 

こちらの「 派遣は法律違反?!代替要員と紹介予定派遣の看護師 」でご説明していますが、看護師の場合でも派遣で働くことは可能ですし、実例も増えています。

 

私が実際に聞いた人では、「時給5000円を超えます」という豪の者も!

 

休日がない?!

現在の日本では、正社員>派遣の図式ができあがっていますが、もっと着目したいのが、「休日」の問題です。

 

私が短期でパート看護師をしていた頃、派遣会社から来た人が指導してくれていましたが、彼女の休日は、20日間でわずか1日だけでした。

 

派遣会社での看護師の求職と就職は、どうしても「欲しい」という病院側の力の方が要望で、休日などの希望が通らないケースもあります。

 

もともと休みが不規則で日数も多くない看護師の場合、派遣という選択を考える場合、特に注意しておくべきでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク